人気ブログランキング |

KEMOLABO

進めぬ原因のひとつ・・・

動物がお医者さん!? 2 (少年サンデーコミックス)

富士 昴 / 小学館

正に、起承転結の『転』へ突入した感じ。

スコア:


昨年5月に話していた『動物がお医者さん!?』の2巻を先程、読み終えた。
巻末のオマケ漫画で、作者が「(主人公の過去編を考えていて)話が重いし纏まらない」と悩む話をしている。それを見て、近年自分が「何で小説書きとか、こんなにズンとくる感じがするんだろう」という疑問の正体に気付いた感じがした。
そう、その理由はただひとつ。
「自分が書いている話って、どれも重い」
……ということ。笑いやギャグ等をもっと多くすべき、といったことではないが――少なくとも、もう少し肩の力を抜いたエピソードがあってもいいかもしれないって思えた。
こういう点に気付けることもあるから、やっぱりいろいろとチェックしてみるべきなんだろうなー。

いままでは青地テキストで文字強調などを使用し作品紹介をしていたが、この記事より“ライフログ”という機能を使い本などの表紙画像を交えた形にしたことで、より解り易くなった気がする。



by atelier_kamenecia | 2014-01-16 05:12

「自然と、そこに棲む民の話」「獣人たちの登場する作品の話」「創作に関する話」などなど……そうしたことを書いてゆきたいと思っております。
by atelier_kamenecia
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

検索